2011/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナの病気ふたたび
備忘録として書いておくことにします。

尿石症で手術したハナは、
10日ほど入院し、先日無事帰ってきました。




その日の朝、何度もトイレに行くハナに気づき、
トイレを確かめると排尿のあとがなく、病院へ連れて行きました。

食欲もあったし、吐いたりぐったりしているわけでもないのですが、
以前一度書いたように、ハナは尿石症で一度手術をしているので心配になったのです。

でも、最初の診察では膀胱にそれほど尿がたまっている様子もないので、
単なる膀胱炎かもしれない、ただ前歴があるので、
念のため詳しく調べてみましょう、と言われ預けてきました。

迎えに行くと、今日中に手術をしましょう、とのこと。
何しろ採尿のためのカテーテルを入れる穴が見つからない(!!)
かさぶたのようなものでふさがっていた(猫砂のつぶれたようなものに見えました)、
なんとか見つけてカテーテルを通そうとしても、途中から入っていかない、
なんとか採尿したものをみると、細かい石でいっぱい!
ストルバイトでした。

尿道がなにしろすっかり詰まっているので、
手術以外には方法が考えられないとのことでした。
幸い血液検査の結果は、白血球がやや多いもののの、
それ以外の機能に問題はなく、その点は安心しました。


CA3F0327.jpg

                 
前回はもう手遅れになる一歩手前で、
ハナも自分もつらい経験をしたにもかかわらず、
尿石症という病気に対しては勉強不足でした。

それ以外の病気はしたことがありませんので、
ワクチン接種時にドクターと話をするくらいで、
定期的な検診というのも怠っていました。

そんな状況で食事も積極的な処方食から、
予防食へと変えていったのは無謀だったのだと思います。
ドクターの了解を得ていたとはいえ・・・

ふだん尿の出はよく、それがまた根拠のない安心へと繋がっていました。
知らず知らずのうちに膀胱の中で石がどんどんできていて、
今回一気に尿道をふさいでしまったのかもしれません。


CA3F0328.jpg
                  エリカラ付でもごろん。

そのあたりは病院側も責任を感じてくれているようなのですが、
飼い主として自分自身も自覚が足りなかったと反省しきりです。

病院は同じですが、ドクターが変わっているので、
(系列病院があるところなもので)
今回は、しっかりと説明を受けてきました。


CA3F0329.jpg
                      ごろんごろん。


今回手術が成功しても、再発の可能性はあること。
石が処方食で一時的に溶けても、またできるかもしれない。
ストレスは関係がない、体質的なものであるということ。
肥満も尿道を狭くしてしまう一因なので、ダイエットも必要なこと。
(実際レントゲンを見ると、脂肪がかなり厚かった!!)

それがまた5~6年先かあるいは近い将来かわからないけど、
次に尿道がつまってしまったときには、
前回、今回と同様の手術は難しいかもしれないということ。
(メスを入れる場所がなくなっていくため)

その場合は膀胱から直接管を体の外へ出すようになること。
その管は尿道につなげることができないので、
そのままおなかの部分から出さなければならないということ。
つまり、尿は垂れ流し状態になってしまうということ。
そうすると、おなかの皮膚が尿でただれてしまったりすること。


CA3F0330.jpg
                             ごろーん。

つらい現実ですが、受け止めなければなりません。
今はただ、無事退院してきて、
元気になろうと頑張っているハナを支えよう。
それが今自分たち家族にできること。

なんといってもこんな状況でも食欲の落ちないハナには
感心するばかりです(笑)
たとえ他の子のごはんをほしがっても、
心を鬼にして頑張ります!


心配してくださった皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト
いい子でお留守番
先々週の土曜日のことですが…


CA3F00020002.jpg


ハナの尿石症が再発してしまい、
緊急入院→手術となってしまいました。

気づいたのが早く、
病院でも急ぎ対応してくれたので、
大事には至らなかったのですが、
困ったのはこのお方・・・


CA3F0320.jpg


ハナを探し、
鳴き、
引きこもり、
ご飯を食べず・・・

セナのほうが病気になっちゃうんじゃないかと
本気で心配しましたが


3日目にはご飯の催促、
まとわりついてうるさいくらいでした(笑)


そして

CA3F0323.jpg


前々から、ハナがルカのお水を飲むのを
うらやましそうに見ていたふぶき。


ある日飲もうとしている姿を見つけて
「無理無理、その(つぶれた)お顔じゃ
 そんなちっちゃなおちょこみたいなとこから
 飲めっこないよ~」
と家族で笑っていたのですが


先日パソコンに向かっていると
なんか後方から「ぴちゃぴちゃぴちゃ」という聞きなれた音・・・

ハナはいないはずなのに!?
驚いて振り返ると、

はい、ふぶき、飲んでました(笑)
飲めるんだ~~~そのお顔でも!!
ハナのように 
最後まで飲みきることはできないみたいだけど…
(ハナは底まできれいに飲みきれる・笑)

おいしそうに見えるのかな?
目的を果たして、満足気なふぶき。
それから毎日飲んでます(笑)


ハナの経過は良好で、
まもなく退院となりそうです。
それまで二人仲よく留守をまもってね。


しかしながら、
可愛いわが子が今まさに手術をしているというそのとき・・・
飼い主はこんなことを・・・

  CA3F02950002.jpg  CA3F03010001.jpg  CA3F03080002.jpg

ごっごめん、ハナ
またとない機会だったので許しておくれーーー







猫はやっぱり
高いところが好き?


タワーみたいなケージ


ケージを変えました。

高さがあるのですが、
幅が狭くなって

今までみたいに
みんなでダンゴになれなくて

ちょっとかわいそうな気もするのですが


ぎゅうぎゅう


そうでもなさそう(^_^;


さささっ


カメラを向けると
セナはやっぱり隠れようとするけど


オセロ


う~ん、柵越しに撮ってみよう・・・

無理矢理オセロ完成^^


画像が暗くてスミマセン



あったかいにゃ
2月に入った今日は
少し寒さが緩みましたね


ハナも

ふにゃ~


こんな感じで


んにゃ~


だいぶ


ほにゃ~


緩んでました


はにゃ~


あー眠いw

セナとふぶきの兄弟がいます
セナを預かっていただいてました
ワンちゃんたちもよろしく♪
                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                
愛情たっぷり
いのちをめぐる旅がはじまる
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。