あの頃がウソのよう

突然ですが、ペルシャってニンゲンぽくないですか?
セナにむかって話しかけるとき、
外の風景をぼんやり眺める横顔を見るとき、
まあるい目で見返されるとき…
なんかニンゲンぽいな~と思うのですが。

ハナには感じなかった感覚です。

さて。

缶詰やレトルトのいい香りに誘われ、セナのご飯を横取りしてしまうハナ。
うーん。。。尿路結石のあなたは、処方食を食べてるんだけどな。

ここはやはり、セナを連れてきてくれた時にぶーちんさんが教えてくれたとおり、
セナにも同じご飯を食べてもらおうか…。

そしてちょっと前に試しに処方食=カリカリを出してみたところ、
缶詰やレトルトより食いつきがいい。
しかも食べるの速い(笑)
ハナも気を取られることなく、落ち着いて自分のご飯を食べている。

そこでセナにもハナと同じご飯を食べてもらうことにした。
すると、速度はどんどんあがり…今やハナの半分くらいの時間で完食。
と思っていると、そのデカイ頭で、ハナがまだ食べているところへ割り込んでいく。
そのデカイ頭で、ハナを押しのけ、カリカリバリバリ食べている。
今夜はとうとう「セナ!」と一喝、ビックリして一緒によけてしまったハナを、
抱いてご飯のそばへ連れ戻し、残りを食べさせる始末。

ねぇ。

ご飯を出しても、私たちが見ているところでは決して食べなかったセナはどこへ?



ニャンかボクにご用ですか?

走り回っていたかと思ったら、あっという間にヘソ天です。
暗くて写真が撮れず、お見せできないのが残念なくらい見事です。
あ、お見せしないほうがいいのかもしれません(^^ゞ


里親さま募集中!!



ココをクリック♪

コメントの投稿

非公開コメント

セナとふぶきの兄弟がいます
セナを預かっていただいてました
ワンちゃんたちもよろしく♪
                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                
愛情たっぷり
いのちをめぐる旅がはじまる
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム