一歩ずつ…

きのうブラッシングができないことを書いたら、
めちゃめちゃお顔まわりが気になりだした。
これはブラッシングするしかない!

前に思いっきり恐がってダッシュで逃げられて、
私も臆病になっている。
セナも覚えているのか、手のひらサイズの小さなブラシなのに、
手に握っているのをめざとく見つけて警戒している様子。

朝食後のまったりタイムを狙って、その瞬間を待つ。
まずは、セナの目の前で、ハナにブラシをかけてみる。
ハナもあまりブラッシング好きな子ではないけど、
おとなしくされるままになっている。

それでも、近づくと逃げるというわけではないけど、
知らんふりして別方向へ去っていく…ということを繰り返す。
あ~、やっぱ無理かな。
会社行くべ!

あきらめかけた瞬間、ふと目を向けると、
セナはケージの上ですっかり寛ぎモードに。

今だ!!

素早くケージのそばへ。
迷うことなく手を伸ばし、まずは顔の左側にブラシをかけてみる。
ブラシをかける。ブラシを…え?

ブラシかけてるじゃん!

ひゃーっ!!
セナ、逃げないし!!

…と思った瞬間、セナもハッと気づいたように身を引いた。
しかし!右側!右側にもかけたい!!!

はぁっ はぁっ。

なんとかかけられた。
セナも逃亡するというほどでもなく、身をよじったので、
尻尾の先にもブラシを(笑)

と、ここでケージから降りていってしまいました。

こうしてなんとか初ブラッシングができました。
今日うまくいったから、また次も上手くいくとは限らないけど、
少しだけ前へ進むことができたかな。

帰ってきてからも、さり気なく背中にタッチしたり、
鼻をクンクンして寄ってきた瞬間に頭を撫でてみたり、
そのたびごとにちょっとビックリした様子のセナだけど、
ほんの少し仲よくなれた気がしたよ。

ハナがゴロゴロいいながら撫で回されている様子を、
セナはグッパーしながら見ています。
小さくゴロゴロも聞こえ始めました。

撫でられるのは恐いことじゃないよ。
イヤ、撫でて癒されているのは飼い主のほうなんだけどね。


里親さま募集中!!



 ☆ココをクリック♪

コメントの投稿

非公開コメント

セナとふぶきの兄弟がいます
セナを預かっていただいてました
ワンちゃんたちもよろしく♪
                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                
愛情たっぷり
いのちをめぐる旅がはじまる
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム